スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

教科書には載っていないワケありな紛争

 最近話題となった23の紛争を取り上げ、その対立の原因や内容について詳細に紹介しています。
普段ニュースなどで何となくしか理解していない紛争もどのような理由で紛争が勃発し、またどのような経緯で戦いが進んでいったのか、かなり分かりやすく書かれています。

様々な利権や思惑が複雑に絡み合った紛争。その裏側にはニュースでは報じていない深いわけが隠されています。

世界の紛争の一つ一つには、民族、経済、宗教、資源などの問題が絡んでいます。そして紛争の当事者はだれもが、それなりに正当な理由を持っています。国際法上から見てどんなに悪そうに見えるものでも、彼らには彼らなりの正義を持っています。

自分たちの信条や生存権を守るために紛争を起こしているのです。

ただ、あまりに気になったのはこれら紛争の大半にイギリスが根幹というか火種として絡んでいることです。植民地として支配するために紛争の火種をおこしたり、煽ったり、その結果収拾がつかなくなってしまい長らく紛争が続く。そんな例があまりに多すぎて驚きました。
イラク、イスラエル、パレスチナ、スリランカ、ミャンマー、インド、パキスタン、ソマリア、北アイルランド…


facebook

評価:
ベン・メズリック
青志社
¥ 1,680
(2010-04-06)

 全世界に4億人のユーザーを持つ世界最大SNS「facebook」の創業者マーク・ザッカーバーグの関係者によるインタビューをもとに、書かれたfacebook創業の物語。

ザッカーバーグ本人の自伝ではないので、実際とは違うところもあるでしょう。

物語の半分ぐらいは、アメリカの青春小説でもあり、サクセスストーリーでもありといった内容。
ハーバード大学の学生だった創業者「マーク・ザッカーバーグ」とナップスター創業者「ショーン・パーカー」の出会い、どのようにfacebookが生まれ、爆発的に普及していったのかという経緯など、物語形式で描かれています。

なぜ数ある「SNS」の中から「facebook」が勝ち残ったのか。

どのSNSもきっかけは「これまでの"出会い"はあまりにも非効率ではないか」という問題意識。
だからと言って、見ず知らずの人といきなり知り合いになろうとは思わない。ある程度限られた世界の、現実的な人付き合いを円滑にするツールとして、SNSは力を発揮します。そのことに気づき、人生の中で一番社交的になる大学時代にしぼってスタートしたことが、facebookのあらゆる勝因の中の一つであることは間違いなかったでしょう。

ITベンチャー企業がどのように発展していくのか。興味深い一冊です。

 起業において最も重要なのは、創業者のエネルギーと野心なのだ。起業に挑み、本当に成功したいと思えば、プロジェクトに人生のすべてを賭ける必要がある。呼吸の一つ一つまでがプロジェクトのため、という状態にならなくてはいけない。それも毎日、一日中だ。マーク・ザッカーバーグはまさにそんな人間だった。  

−facebookより引用−

 



英国人写真家の見た明治日本

評価:
ハ−バ−ト・G・ポンティング
講談社
¥ 1,155
(2005-05-11)

 100枚の写真でよみがえる明治の日本。

正直、感動する。明治時代の日本の景色の美しさに。
葛飾北斎が描いた通りの景色がそこにはあった。

便利さ・発展とともに美しさを失ったことは疑う余地がない。

それにしても明治時代の男性はみなやけに痩せて精悍に見える。


公僕―The Japanese civil servant

評価:
三島 正
メディアファクトリー
---
(2001-03)

 公務員=お役所仕事と一括りに語られることが多いが、この写真集を見れば、公務員がいかに様々なジャンルに渡って存在しているかが分かる。

ぶっちゃけ「なんだよその仕事」っていうのもあるけど、大きな視点・長期の視点で見れば、必要性があるのかもしれない。

郵政の問題でいろいろと世間では言われているが、民営化に逆行するのは良くないと思い込んでいた自分が必ずしもそうとはいえないかもしれないという視点も持たねばと思った。

民じゃなくて公であるべき事業や物事もあるのだから。


小さな政府主義、あらゆるサービスは可能な限り民営化すべきという主義の僕に、少し公務員の存在を考えさせられる一冊。


ロゼッタストーン解読

評価:
レスリー・アドキンズ,ロイ・アドキンズ
新潮社
¥ 780
(2008-06-01)

 ヒエログリフの解読は、学問の世界でも長年の難問でした。
見事に解いたフランス人、シャンポリオンの生涯も波瀾万丈でした。

本書はヒエログリフとシャンポリオンをめぐる歴史と学問と人間の物語です。

古代エジプトの絵文字、ヒエログリフは紀元前三千年以上も前から紀元四世紀の初めまで使われていたといわれています。人類が最も長い期間にわたって使っていた文字と言ってもいいでしょう。

しかし、エジプト人がギリシア文字を使うようになると、ヒエログリフは忘れられ、解読できるものもいなくなっていきました。

ヒエログリフはは普通の文字ではなく、それぞれ神秘的な意味も含んでいて、それを明らかにするには神秘的あるいは魔術的な知恵がいると考えた学者もいました。ヒエログリフの秘密を解くことは不可能だという考え方が支配的でした。

ヒエログリフ解読を飛躍的に前進させたのが、ロゼッタストーンの発見です!

ナポレオンのエジプト遠征中にナイル川河口のロゼッタで発見された石には、三種類の異なった文字が刻まれていました。上段にはヒエログリフ、中段にはのちにデモティックと呼ばれることになる文字、そして下段にはギリシア文字。同一の内容が三種類の文字で表記されてものと推定され、ヒエログリフを解読する有力な手掛かりとなりました。

ロゼッタストーンのコピーがヨーロッパ中の関心ある学者の手に渡ったのは19世紀の初めの頃で、ここから、ヒエログリフ解読レースが始まることとなりました。ロゼッタストーンのほかにも、ヒエログリフの記された多くの資料がエジプトから運ばれ、学者の研究に供されました。ココで登場するのが本書の主人公ジャン=フランソワ・シャンポリオンです。

解読レースに加わったシャンポリオンはライバルからの誹謗中傷、自身の病弱な体質や貧困と闘いながら、1832年、31歳のとき、ヒエログリフの謎の解明に成功しました。

ヒエログリフは表意文字であると同時に表音文字でもあることを、そしてヒエログリフのアルファベットを発見したことにあります。

シャンポリオンによるヒエログリフ解読によって、いままで神秘のベールで包まれていた古代エジプトの歴史や文化、社会構造などが明らかにされました。古代エジプトについての正しい知識は、シャンポリオンから始まるといっても過言でもありません。




世界経済が一目でわかる地図帳

 テレビやネットなどで色々なニュースを目にし耳にします。
株式投資をやっていると余計にそういったニュースに敏感に反応したりします。

やれシリコンバレーだ。ドバイだ。ソマリアの海賊だ。
パレスチナ自治区、スーダンの民族紛争だ。

と言っても実はどこで起きているニュースなのか意外と知らなかったりします。
著書はニュースで聞く事件や問題の位置関係を地図で示し、そして実はそういった問題が地理的問題も大きく関与していることに注目しています。

中東のヨルダン川はヨルダン、シリアに加え、イスラエル、パレスチナ自治区を流れています。
そのため、水の利権をめぐる争いが絶えず、中東和平の実現を阻む最大の要因とも言われています。

ソマリアの海賊が好き勝手できるのは、ソマリアの地勢が大きく関係しています。
ソマリア沖は重要な航路になっており、年間1万8000隻を超える船が行き来します。しかもアデル湾は長さが約1000キロメートルあるうえ、両岸の間が400キロメートルと狭く海賊にとっては、相手を襲撃するのに都合のよい海だったりします。

読みやすく新聞テレビで知る切り口と違うので経済ニュースが違う一面から見れます。


うわさのズッコケ株式会社

 思わず懐かしくて手にしてしまいました。
30周年か何かのキャンペーンなんでしょうか?コンビニに「ズッコケ中年三人組」と並んでました。小学校の図書室でこのシリーズをどれだけ読んだことかww

中でもこの「うわさのズッコケ株式会社」はよく覚えています。
小学生ながらハチベエ、ハカセ、モーちゃんの三人組が同級生から資金を集め、株式会社を作り、イワシ釣りに港に来る釣り人相手に飲み物や弁当などを売ってお金を稼ごうとするお話。
なかなかおもしろいです。

大人も忘れがちな株式会社の本来の姿をある意味わかりやすく描かれている気がします。
「会社は株主のものか、社員のものか」小学生たちの会話にそれを考えさせられるとこがあります。

それにしてもラストのハチベエの気持ちが何ともいいですね。
爐覆鵑世、すかっとした気分だった。自分のふところに、いくら入るかなんてことは、もう、どうでもいいような気がした。それよりなにより、とにかく、株主連中に、わが経営の才能をみとめさせたことの方が、よほど気持ちよかった。


数年前に定款を作り、公証人役場やら法務局やら駆けずり回って一人で会社作った日を思い出します。


ロマノフ家の黄金

 本書は全編を通じて、ロシア・ソ連史の支配者の出自について明らかにしながら、現代ロシアの大財閥とユーラシア大陸の未来を発掘し、ロマノフ家の黄金を追跡する一つの謎解きの物語です。

ロマノフ家、本書の表紙に飾った”双頭の鷲”を一家の紋章として、300年の栄華を誇る帝政ロシアの王朝。ロシア二月革命によって最後の皇帝ニコライ二世が退位したのち、10月革命によって皇帝一家は処刑され、ロマノフ家が断絶、ここに300年王朝は完全に滅亡しました。
しかし1991年末にソ連が崩壊したあと、揺れ動く新生ロシアに台頭してきたのは、ドイツなどヨーロッパ全土の極右主義に呼応するかのように、帝政ロシア時代の王政を復古しようと画策する、大きな集団の動きでした。忘れられていた一族が、長い間に大きな力を蓄え、生き残っていたのです。

詳細な家系図・人脈図で相関関係がすさまじい内容で物語るロマノフ王朝・旧ソ連・現ロシアとユダヤ系の金融帝国の力が垣間見えてきます。

第一部 ロマノフ家の大貴族フルシチョフ
 ソ連時代を動かしたフルシチョフ共産党第一書記がロマノフ家の大貴族であった事実を明らかにし、そのフルシチョフを育てたカガノヴィッチと独裁者スターリン、モロトフ、ミコヤンなどクレムリン首脳が西側世界とひそかにどのような血縁会計と人脈によって結ばれていたかを
 
第二部 ヴィソツキーの歌が聞こえる
 ロマノフ家が、300年王朝の歴史の中から、どのように支配のメカニズムを作り出し、デミドフ家やストロガノフ家などロシアの大財閥を作り上げてきたのか、亡命ロシア貴族がアメリカ、イギリス、フランスなど世界の各地で大実業家に変貌を遂げ、アメリカ大統領さえ動かす力を持っているという現状を


第三部 モスクワ・マフィアの暗躍
 世界的なマフィアがロシア人とどのように直接の関係を持っているかを、政商アーマンド・ハマー、ペプシコ会長ドナルド・ケンドール、ロックフェラー財閥、ロスチャイルド財閥などとの血縁関係から調べ上げ、全体に浮かび上がってくる酒造業者、軍需産業、さらにKGB・CIA・MI6の諜報機関が生み出した二重スパイ構造とキューバ危機の関係を明らかにしています。


膨大な家系図や人脈図をもとに話が進められていく展開は同じく広瀬隆氏の著書「赤い盾」がかなりおもしろかったので、こちらも読んでみたという感じです。
世界で起きる戦争・紛争、金融危機は起こるべくして起きている…。
そう感じずにはいられなくなる広瀬氏の著書です。



透明標本

 魚類や甲殻類などの生物の体を透かし作った『透明標本』。
透明骨格標本は、分類学や比較解剖学、発生学の研究技法のひとつ。

骨格を観察するためには、古くから物理的に骨格以外の軟組織を除去して作製した骨格標本が用いられてきました。しかし、小型の魚類や発生途上の胚では骨格標本の作製は困難です。骨格間の立体的配置、骨化の進んでいない軟骨組織、微細な骨格要素を損なうことが避けられないからです。微細な骨格の観察には軟X線による写真撮影も使用されるが、立体構造の観察に難があるし、軟骨の観察も困難。

透明骨格標本はこれらの難点を克服し、小型脊椎動物や脊椎動物の胚の骨格要素を観察するために編み出された第3の技法であり、「たんぱく質を酵素により透明にし、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をする」という骨格研究の手法として確立された形態で、鉱物のように幻想的な美しさを持つものです。

標本は完成までに、小さい作品だと約3カ月〜、大きい作品では約1〜2年半もかかるほか、製作途中で形が崩れたり、染色を失敗したりする場合もあるといいます。


朝日新聞、サンケイエクスプレス、Newtonなど各メディアで話題沸騰の『透明標本』。骨が染められ筋肉が透明になった魚類や甲殻類などの標本たちが、清涼感、浮遊感とともにアナタに迫る写真集。未体験の驚きと感動、新たな芸術。噂の透明標本写真集。



Amazonより【著者からのコメント】

『透明標本』。標本という印象からはあまりにもかけ離れた存在です。生物であり ながら、目に写る造形は、まるで鉱物によって形作られたかのような美しさです。
元来、「たんぱく質を酵素により透明にし、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をする 」という骨格研究の手法として確立された形態であり、完全な透明感にする為には非 常に長い時間を要します。

現在この美しさを、「命」を身近に表現するインテリアとして。 またそのビジュアルを生かし、様々なデザインに出来るのではと活動をしておりま す。主に魚類を作成しておりますが、両生類、爬虫類、甲殻類、小型の哺乳類や鳥類な ども手がけております。また、一般に骨格標本としては難しいとされるサメやエイなどの「軟骨魚類」や、 イカなどに代表される「軟体類」も美しくその姿を変えることが可能です。

『透明標本』が作り出す美しくも不思議な世界をどうぞご覧ください。

著者 冨田伊織

 



裁判所へいこう!

評価:
造事務所
PHP研究所
¥ 620
(2007-12-03)

法廷では、殺人事件、詐欺事件など毎日さまざまな裁判が行われています。
テレビや新聞でしか目にすることのないような有名な事件の当事者や殺人や強盗といった日常生活からかけ離れた事件に接することもできます。

弁護士、検察官、裁判官といった普段、そうそう接する機会のない法曹界のエリートたちの見ることもできます。

もちろんタダで。


大阪高等裁判所はうちから歩いて10分のところにあります。
この本を読んで実際に裁判を傍聴しに行きました。

殺人事件の被告の真後ろの席に座って傍聴しました。
手錠をはめられて入廷してくる被告が自分の目の前に座るときはものすごく緊張しました。

一番驚いたことは一日にこんなにたくさんの裁判が行われているということですね。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
categories
selected entries
高田純次の適当な…
ブログのように簡単!
bijin-tokei
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座