<< ロマノフ家の黄金 | main | 世界経済が一目でわかる地図帳 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

うわさのズッコケ株式会社

 思わず懐かしくて手にしてしまいました。
30周年か何かのキャンペーンなんでしょうか?コンビニに「ズッコケ中年三人組」と並んでました。小学校の図書室でこのシリーズをどれだけ読んだことかww

中でもこの「うわさのズッコケ株式会社」はよく覚えています。
小学生ながらハチベエ、ハカセ、モーちゃんの三人組が同級生から資金を集め、株式会社を作り、イワシ釣りに港に来る釣り人相手に飲み物や弁当などを売ってお金を稼ごうとするお話。
なかなかおもしろいです。

大人も忘れがちな株式会社の本来の姿をある意味わかりやすく描かれている気がします。
「会社は株主のものか、社員のものか」小学生たちの会話にそれを考えさせられるとこがあります。

それにしてもラストのハチベエの気持ちが何ともいいですね。
爐覆鵑世、すかっとした気分だった。自分のふところに、いくら入るかなんてことは、もう、どうでもいいような気がした。それよりなにより、とにかく、株主連中に、わが経営の才能をみとめさせたことの方が、よほど気持ちよかった。


数年前に定款を作り、公証人役場やら法務局やら駆けずり回って一人で会社作った日を思い出します。


スポンサーサイト


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • 10:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
categories
selected entries
高田純次の適当な…
ブログのように簡単!
bijin-tokei
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座