<< 教科書には載っていないワケありな紛争 | main | 藤子・F・不二雄「異色短編集」1  ミノタウロスの皿 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アイデアは考えるな

評価:
柳澤 大輔
日経BP社
¥ 1,365
(2009-11-19)

 ピカソは生涯2万点以上の絵を書きました。
バッハは少なくとも週に1回は作曲してました。
エジソンの死後、アイデアメモがぎっしり書かれた3500冊あまりのノートが発見されました。

アイデアは「質」より「量」

アイデアをたくさん出せるようになると、人生において選択肢が増える。選択肢が増えれば、行き詰らずに済む。打つ手が残されていると分かれば人はポジティブになれる。
前向きに生きるために必要なのは、性格を変えることではなく、アイデアをたくさん思いつけるようになるノウハウ!

100個アイデアを出して、そのうち実現しそうなのが1案しかなくてもかまわない。その無駄に思える99案を出す過程が、自分をポジティブにしてくれます。

ビジネスだけでなく生きる上でも力になってくれるカヤック社長の著書。


スポンサーサイト


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • 09:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
categories
selected entries
高田純次の適当な…
ブログのように簡単!
bijin-tokei
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座