<< 英国人写真家の見た明治日本 | main | 教科書には載っていないワケありな紛争 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

facebook

評価:
ベン・メズリック
青志社
¥ 1,680
(2010-04-06)

 全世界に4億人のユーザーを持つ世界最大SNS「facebook」の創業者マーク・ザッカーバーグの関係者によるインタビューをもとに、書かれたfacebook創業の物語。

ザッカーバーグ本人の自伝ではないので、実際とは違うところもあるでしょう。

物語の半分ぐらいは、アメリカの青春小説でもあり、サクセスストーリーでもありといった内容。
ハーバード大学の学生だった創業者「マーク・ザッカーバーグ」とナップスター創業者「ショーン・パーカー」の出会い、どのようにfacebookが生まれ、爆発的に普及していったのかという経緯など、物語形式で描かれています。

なぜ数ある「SNS」の中から「facebook」が勝ち残ったのか。

どのSNSもきっかけは「これまでの"出会い"はあまりにも非効率ではないか」という問題意識。
だからと言って、見ず知らずの人といきなり知り合いになろうとは思わない。ある程度限られた世界の、現実的な人付き合いを円滑にするツールとして、SNSは力を発揮します。そのことに気づき、人生の中で一番社交的になる大学時代にしぼってスタートしたことが、facebookのあらゆる勝因の中の一つであることは間違いなかったでしょう。

ITベンチャー企業がどのように発展していくのか。興味深い一冊です。

 起業において最も重要なのは、創業者のエネルギーと野心なのだ。起業に挑み、本当に成功したいと思えば、プロジェクトに人生のすべてを賭ける必要がある。呼吸の一つ一つまでがプロジェクトのため、という状態にならなくてはいけない。それも毎日、一日中だ。マーク・ザッカーバーグはまさにそんな人間だった。  

−facebookより引用−

 



スポンサーサイト


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • 09:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories
selected entries
高田純次の適当な…
ブログのように簡単!
bijin-tokei
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座