| main | 透明標本 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

裁判所へいこう!

評価:
造事務所
PHP研究所
¥ 620
(2007-12-03)

法廷では、殺人事件、詐欺事件など毎日さまざまな裁判が行われています。
テレビや新聞でしか目にすることのないような有名な事件の当事者や殺人や強盗といった日常生活からかけ離れた事件に接することもできます。

弁護士、検察官、裁判官といった普段、そうそう接する機会のない法曹界のエリートたちの見ることもできます。

もちろんタダで。


大阪高等裁判所はうちから歩いて10分のところにあります。
この本を読んで実際に裁判を傍聴しに行きました。

殺人事件の被告の真後ろの席に座って傍聴しました。
手錠をはめられて入廷してくる被告が自分の目の前に座るときはものすごく緊張しました。

一番驚いたことは一日にこんなにたくさんの裁判が行われているということですね。


スポンサーサイト


  • 2010.11.11 Thursday
  • -
  • 11:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
どうしたらそうなるんでしょうか?

http://snipurl.com/tbsc4
  • 2009/11/28 11:52 AM
どうしたら傍聴できるかってことでしょうか?普通に行ったら入れましたけど。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
categories
selected entries
高田純次の適当な…
ブログのように簡単!
bijin-tokei
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座